STRIKE!!痛

中卒のバカでもわかるマーケティング

デジタルマーケッターを目指す「へっど」が調査・入手したマーケティング技法や 最新トレンドを発信します。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

広告

「怒報」Twitterで意味わからんDMを送ってくる迷惑なやつら。

 

f:id:head19820903:20170628020410j:plain

このページをご覧のあなたはこんな人ではなかろうか

 

「Twitterを利用しているが、迷惑な奴に遭遇してムカついたことがある」

⇒鉄拳制裁を喰らわせてやりたい。

 

あまりに迷惑なやつらにDMで絡まれまくりなので、一発怒ってみる。

 

0.「Twitterユーザーは対等」なんだよな。

私はTwitter歴4ヶ月ですが、たった4ヶ月間でも「Twitterって楽しいな」と感じる反面、その「楽しいな」を覆す「不快で迷惑なやつら」に遭遇してきた。

 

Twitterはユーザーそれぞれが「好きなこと」を呟いておけばいいし、反論があれば議論をぶつけ合えばいい。それは全く迷惑な行為ではない。

 

初期バージョンリリース時から使っていようが、たった今アカウントを作ったばかりの新参者だろうが、どこぞの大手企業で経営層を担っていようが、学校には弁当食って屁をこきに行っているだけの学生だろうが関係ない。好きに発言すべきだ。

 

フォロワー10万人超えだろうが、100名以下だろうが関係ない。好きにつながりを持つべきだ。

 

だが、問題な輩がいる。いるいるいる。

 

鉄拳制裁をくらわしてやりたい。

 

どんな奴らかを一言で現すと「DMで勝手に絡んできて、こちらが真面目にリアクションすると無視、またはリムる奴ら」だ。

 

イメージするだけで吐き気がするが、まずはどんな奴らに遭遇するかを紹介しよう。

 

1.迷惑なやつら「脱サラ系自由人」

定型文:はじめましてフォローありがとうございます!交友の輪を広げたいと思い、メッセージを送りました!今は脱サラして好きなカフェ巡りをしながらお店を出す準備をしています。 中略~ 〇〇さんは関東の方ですか?

 

はぁ?関東の方ですか?って。何事も当てずっぽうで生きているのかお前は。

プロフィール見ろや。ばりばり山梨県甲府在住だよ!

 

このDMに対しては初めての経験だったため、「夢をもって取り組むって素敵ですね。カフェオープン実現できるといいですね」って真面目に返しちまったじゃねーかよ。

 

何か事業をはじめるには関東の方が都合がいいのはわかるが、田舎をなめるな。

ってか、貴様はフォロワーが付くと自動配信でDM送りまくるBOTだな。

 

結論:こちらもリム。&ブロック。

 

2.迷惑なやつら「投資で儲けませんか系」

定型文:私は大学在学中に起業し、現在は投資だけで生活できるようになりました。よろしければプロフィールをご覧ください。返信は不要です。

 

はぁ?中卒バカの私が「大学在学中に起業したてめぇ」に憧れると思ってんのか?

現在は「投資だけで生活」が「未来まで続くこと」と思ってんじゃねぇぞ。

 

こっちのプロフィールは絶対みねぇクセに、勝手に自己紹介してくるな。

返信不要?勝手にDM送りつけておいてなんだよ。返信する訳ねぇだろうが。

 

ツイートも「儲け話、期間限定・数量限定で教えます」とか「生徒さんが目標達成していってます」などなど、おいしそうで、いかがわしいものばかり。

それでいてフォロワー400弱とか。私とかわんねーじゃねぇか。信用度ゼロだ。

 

結論:結論:こちらもリム。&ブロック。

 

3.迷惑なやつら「フォローありがとう。こっちはフォロバはしないけどね系」

定型文:フォローありがとうございます。よろしくお願いします。

※で、フォロバは無し。

 

これは、迷惑と言うかこっちが期待持ち過ぎなんですよね。

Twitterは原則「フォローは自由」「リムも自由」。「フォローありがとう★こちらもするね(´∀`*)」なんて生易しい世界じゃないし、義務も義理もない。

宗教や思想で気持ち悪い感じなければ「よろしくね」な感じでつながりが広がっていくもの。

 

そんな現実(DM返しても、フォロバなし)に戻してくれてありがとうございまーす!

 

結論:しれっとリム。&ブロック。

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。Twitterに限らず「ゆるく繋がりを持てる環境」は「こっちの気持ちを踏みにじる迷惑千万な奴らが氾濫」しています。

 

例であげた定型文を送ってくる「迷惑なやつら」は、無数のアカウントがあってかわるがわるコチラにアプローチしてくる。

 

すべてのTwitterユーザーのみなさんが「そうではない」にも関わらず「一部の無能なビジネスパーソン」が使用しているアカウントおよびBOTが「すべてを台無しに」しているのです。

 

はじめのうちは「お、DM来た!何かな何かな。わくわく」が、こんなのばっかりなので気持ちもすさんでくるようになる。

 

スルーしておけばいいじゃないとお思いになるでしょうが、私が「怒」を超えて「殺意」すら覚えるのは「こっちがせっかくの機会だし仲良くなろう!多くの価値観を知ろう」と試みて真面目に誠意を持ってDM返信すると「無視やリム」でバッサリとこちら側を切ってくることです。

 

そう「あなたは私のカモとしては不適合なので、さようなら」と言わんばかり。

 

相手がBotなら「所詮Bot、再返信してくる知能は無いなガハハ」となりますが、もし生身の人間だったら「人間失格じゃね?」なんて思います。

 

笑わせてくれるのは、試しに1度リムってもう1回フォローすると、まったくおんなじ文面のDMを「はじめましてー」って送ってきます。何がしたいねん。だから関東の人間じゃないってば。(´・ω・`)夢とか勝手に語らんといて。

 

返信のコメントを真面目に考えた時間を返せ!

30半ばにして芽生えた優しい心を返せ!

f:id:head19820903:20170628014714p:plain

 

 

さて、お口直しですがTwitter Japanの最新CMをご紹介します。

ネット上では「こんなTwitter現実と違う!」「意識高すぎ」など散々なコメントがされているようです。

 3月に行ったブランドキャンペーンの第2弾として、本日よりTwitterのテレビコマーシャルが始まります。さまざまな視点の意見が集まる場の例として「働き方改革」をとりあげ、皆さんからの実際のツイートで「働き方」に関する異なる視点をご覧いただけるようにしました。 pic.twitter.com/gXWAYux6RL

— Twitter Japan (@TwitterJP) 2017年6月18日

 

 実際見て頂くと「Twitterの理想の姿」と映るでしょうか?どうでしょう。

 

リリースする側としては「CM」にあるような利用をされることを「ありたい姿」として描いていて、利用する側は「Twitterのあるべき姿」を描かぬまま「Twitterのある日常」を各自で楽しんでいるから、そういったギャップが起こるのでしょう。

 

ではTwitterは現実のツイートを真正面から受け入れて「ツイート内容を制限する」とか「ユーザー規制をかける」とかするべきでしょうか?

 

私はそうは思いません。良くも悪くも「想定していなかった使われ方」がされていて、それが現実、世の中を作っているはずだからです。

 

読んでいただいた皆さん、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】