STRIKE!!痛

中卒のバカでもわかるマーケティング

デジタルマーケッターを目指す「へっど」が調査・入手したマーケティング技法や 最新トレンドを発信します。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

広告

たった1日でブログのPV数が2倍になったシンプルな法則。

f:id:head19820903:20170629225951j:plain

 

このページを開いた方、あなたは「ブログ運営やっているけれどPVの伸びが今一つかな」と壁にぶちあたっていませんか?

 

 

「中卒のバカでもわかるマーケティングは」まだまだ零細ブログサイトですが、少しでもブログ運営をされているみなさんの参考になればと考え、当ブログが1日でPVを2倍にした法則について記事にしました。

 

ぜひ、最後までお付き合いいただけると幸いです。

 

0.「結局やるの?」ブログ運営報告。なぜならば。

ブログを運営していて励みになるのは「同じ世界で日々試行錯誤を重ねながらブログ記事を更新し続けるブロガーさんの声」であったりします。

 

私はかつて(と、言ってもそう昔ではない)、こんな記事を発表しました。

www.headsamurai.com

 

内容は「ブログ運営報告」の無意味さ(と、その時は認識)を書いていますが、結果としてたくさんの様々なご意見を頂戴し、別の考えにいきつきました。

 

「おそらく、この記事は非難や煽りでしかないかもしれない」という事と、真摯に受け止めて「自分にはなかった価値観」は今まで以上にリスペクトしていこう、という事です。

 

結論:「ブログのPVを伸ばす方法」について、この2日間で確認できたことを報告します。

理由:都市伝説的?によく言われる法則を、自ブログでも発見できたからです。

1.力を入れて書けば書くほどPVは伸びず泥沼にはまる法則。

ブログをやっていて面白いなと思うのは、「半日かけて構想を練り」⇒「3時間かけて文字起こし」⇒「1時間かけて推敲」した記事よりも、「思い付きでさらっとパチパチ打った記事」の方がPV数がグッと上がってしまうことがあることです。

 

さらに不思議なことに「のびないーのびないー」「のびろーのびろー」と心の中で唱えていると「PV伸ばしたいぜブログ」になってしまう。

「自己啓発の不思議な体験本」の体でいうと「思考は現実になる」って奴です。

「気にする(と意識する)」のも「気にしない(と意識する)」のも同じ。

行動に「意識」と「感情」が無意識に重なったりするんでしょう。

 

そうすると最終的にどうなるか。

「不特定多数の、大勢のみなさん~私に注目してくださーい」となり、「ターゲットが不明確」で「万人受けしそうな文体」となりますから、読み手の側からすると「おもしろくもなんともない刺さらないブログ」になるはずです。

 

「多くの人に一斉に発信する」ことを目的とするあまり「社長の朝礼スピーチ(校長の朝礼でもよい)」は圧倒的多数の「社員(学生)」に刺さらない。のと同じ現象です。

「社員」と一口に言っても「性別・年齢・出身・経験・趣味・食生活全然」違う。

某有名学習塾のCMでありましたが「やるきスイッチを押す」と言うのはまさにそれ。

「感情やら行動やらを変えたい層の人を可能な限り絞って情報発信する」ことがポイントでした。このブログのテーマである「マーケティング」です。

2.PV数で読み解く。なぜその記事が選ばれるのか?ニーズを捉えた記事ってどんなのか。

【参考2017年6月28日のPV数】

f:id:head19820903:20170629215029p:plain

こちらは2017年6月28日の「中卒のバカでもわかるマーケティング」のPV数です。

上からどんな記事を書いていったか紹介します。

 

1位

www.headsamurai.com

応募締め切りから1ヶ月半位、「キリンメッツコーラの復刻アイテムが当選者に届く」ころで「応募者」のみなさんはきっと「自分も当たってたらそろそろ届くころか?」とか「当選するためのストーリーを知りたい」ともすれば「絶対当たる方法はあるのか?」みたいな興味をくすぐったと思われます。

 

内容は当選した喜びと、「毎日4本はコーラを最低本数飲んで、G-SHOCK1点集中して応募した」と言う方法だけで稚拙。でもこれだけ需要があることに驚きでした。

「キリン メッツ 復刻」でGoogle検索7位

 

2位

www.headsamurai.com

カップヌードルは新製品が出るたびに記事にしています。「スタンダードなアイテム」だけに競争相手は多く、「店頭に並んですぐ!」が必勝パターンかもしれません。

パッケージの美しさ、「冷して食べる」新感覚、味のクオリティについて言及。

今回の「そうめん」は公開直後の6/20頃はPVが伸びなかったものの月末にかけてじわじわと伸びてきています。

「カップヌードルそうめん」でGoogle検索5位

 

3位

www.headsamurai.com

こちらは「煽り」をしてしまった事例。突発的に公開日のみPV増加。

しかし「一度読んだらもう読みたいとは思われない」読み手を不快にする一面をはらんでいますので注意が必要です。

「Twitter DM 迷惑」でGoogle検索30位圏外 競合がとっても多い!

 

4位

www.headsamurai.com

4月に公開以来ロングランで毎日PVを稼いでいる記事です。

新発売の直後、TVCMやWEBでの露出がまだ低い時でした。

缶のデザイン、ノンアルコールビール市場の期待感、従来のノンアルフリー系(糖質やプリン体0系)とは違う新ジャンルとしておすすめであることを取り上げました。

「キリン 零」でGoogle検索7位

 

5位 はこれまた「キリンメッツネタ」なので割愛。1位の記事とリンクしてあったのでアクセスが伸びたと思われます。

 

6位

www.headsamurai.com

これもゴールデンウィークに記事を書いてからのロングラン。

なんとタイ情報サイトでも何でもないのに「ムーマナオ」でGoogle検索1位です。

ちなみに「ムーマナオ」はタイ料理で「豚しゃぶ」のことなのですが、カップヌードルをイオンで買った話で、そののち「ムーマナオを作って食べてみた」の記事はそれほどPVが無かったり。不思議。

 

3.まとめ

上記がベスト記事ですが、総じて言えるのは

①100%狙っていないとは言え、研究し取り組んだ「SEO対策」が(そこそこ)実績をあげていること。

②「旬で新鮮」な情報は一瞬にしてバズを起こせれば大きいですが競合が大きい分、PVを維持しづらい。

③「はてなスター」や「はてなブックマーク」はPV数に影響しない(かも?)

 

はてなユーザー同士の相互云々は「効果があることは他のブロガーさんが立証済み」なので「良い・悪い・普通」の話しはもう抜きにしますが、シェアの高いGoogle検索で可能な限りトップにつけることが一定量のPVを維持し続けるには大事だという事。

 

まだまだ平均PV1日300弱、月間で8000強、記事数120弱の弱小ブログであることには変わりません。

しかし、例えば記事数が10倍になれば1日PVは5000。月間で10万も見えてくるかも。

 

導き出した答えは「煽りや釣り」でバズらせてPVを突発的に上げるも絡めつつ「安定してPVを稼げる記事を量産する」ことが有効であるということです。

 

気づいたらブログ始めて3ヶ月が経っていました。

今もはじめた頃と何ら変わらず「1日の間にブログのことを考える時間の割合が多いこと=好きでやれて」います。

 

勝ち負けではないのですが「この気持ち」は誰にも負けたくないです。

ブロガーのみなさん、これからも一緒にがんばりましょう!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】