STRIKE!!痛

中卒のバカでもわかるマーケティング

デジタルマーケッターを目指す「へっど」が調査・入手したマーケティング技法や 最新トレンドを発信します。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

広告

辛うま爽やか!日清「レッドシーフードヌードル」を去年とは違う食べ方で楽しんだ食レポ。今年もヨロシクな!

あなたに日清「レッドシーフードヌードル」の魅力を伝えるため、

今回はスタンダードな調理法ではない切り口でレポろうと思う。

f:id:head19820903:20170717222818j:plain

アレです。アレがこの日清「レッドシーフードヌードル」にも応用できるんです。

 

0.夏だ海だ!(今年何回も出したフレーズ)日清のシーフードヌードルだ!

今年の日清のカップ麺「夏の陣」は熱い!黒歴史トリオの「サマーヌードル」「熱帯U.F.O」「どん兵衛だし天茶うどん」を7月頭に復活させたと思ったら2週間後には「2017年夏にもってこいの直球アイテム」である「レッドシーフードヌードル」と「汁なしシーフードヌードル味焼そば」を放ってきた。

 

日清の黒歴史についてはこちらのエントリーを。

www.headsamurai.com

 

 

日清「汁なしシーフードヌードル味焼そば」は昨日1日フライングでゲットして、早速レビューしているのでそちらをご覧いただきたいのですが、本日2017年7月17日は「海の日」と言うことで日清のカップヌードルは「海をフューチャーした」2商品を発表したわけです。

www.headsamurai.com

 

と、なると本エントリーでは日清「レッドシーフードヌードル」を出さない訳にはいかなくなったので、さっそく行ってみようと思います。

 

ただ、今回は普通の「食べ方」ではないので、心して読んでほしい笑。

 

レッツギョ(魚)ー!

 

【目次】

1.日清「レッドシーフードヌードル」は「夏になると遊びに来る遠い親戚の子供」そんな奴ですよ

2.さっそく実食しよう日清「レッドシーフードヌードル」は今回思い切ってこうやって食らう。その前にちょっと待った!

3.早速、日清「レッドシーフードヌードルwith〇×」を調理して食う。想像を超える旨さだった!

 

1.日清「レッドシーフードヌードル」は「夏になると遊びに来る遠い親戚の子供」そんな奴ですよ

日清「カップヌードル レッドシーフードヌードル」は、今年で5回目の発売となる夏の人気メニューです。ポークと魚介のうまみをきかせたシーフードスープに、唐辛子、粗びき黒こしょうでアクセントを加え、食欲をそそる "辛うまスープ" に仕上げました。

「カップヌードル レッドシーフードヌードル」「カップヌードル 汁なしシーフード」(7月17日発売) | 日清食品グループ

 

日清の新商品「レッドシーフードヌードル」「汁なしシーフードヌードル味焼そば」は、スタンダードアイテムの「シーフードヌードル」とトリオで「夏=シーフード」の色づけにするべく生まれたようです。

 

商品の特徴はポークと魚介のうまみがきいたお馴染みのシーフードスープに、唐辛子の辛味をきかせています。具材は、イカ、キャベツ、たまご、カニ風味カマボコ、ねぎです。

 

じりじりと暑い夏は「辛いもの」を食べて「爽やかに汗を流して」過ごしたいもの。

 

もう5年もこの時期に登場すると「夏の風物詩」としてのアイコンが日清「レッドシーフードヌードル」にはありますね!

 

まるで「夏になると遊びに来る遠い親戚の子供」。

 

今年も「よい思いでづくりをしよう」っと。

 

日清「カップヌードル レッドシーフードヌードル」はイオン価格で120円(税抜)でした。

 

www.nissin.com

 

2.さっそく実食しよう日清「レッドシーフードヌードル」は今回思い切ってこうやって食らう。その前にちょっと待った!

今回は少し路線を外して実食レビューします。

 

と、いうのも前記の通り日清「レッドシーフードヌードル」は「年に1回姿を見せてくれる遠い親戚の子供」のような存在です。

 

つまり、近すぎず遠すぎずで「今年もやってきた=ウェルカム!」ですが「昨年の思い出=打ち上げ花火のように煌びやかすぎて現実と違う脚色がされている」可能性があるのです。

 

ガチンコで日清「レッドシーフードヌードル」を食べても、おいしさがみなさんに伝わりにくくないか。

 

と昨日フライングで買ってから一晩悩みました。

 

公表されていないもののマイナーなアップデートが施されていたとしても「去年うちに遊びに来た遠い親戚の子供」の成長度を「1年ぶりに食べる味」で確認できますでしょうか?

 

例えば「変わらない味だなぁ」とか「お、大きくなったなぁ」とか。。。。

 

私には今年もこの日清「レッドシーフードヌードル」を昨年と同じように食べたところで「おいしいコメントができるわけがないじゃないか!」と思った次第です。

 

と、言うことでちょっぴり変わってるけど、絶対においしいだろうとイメージが湧く食べ方。昨年は実行しなかったアレで行こうと思う。

 

「冷やしヌードルかい?」って?

のんのん(びよりはいつの間にか11巻が出ていました。まだ読んでいない。情報遅い)

 

「ミルク(牛乳)」+日清「レッドシーフードヌードル」だ!( ゚Д゚)それほど驚きはなかった?

 

あうのかどうかは実食にて。いざ。

 

3.早速、日清「レッドシーフードヌードルwithミルク」を調理して食う。想像を超える旨さだった!

f:id:head19820903:20170717214412j:plain

まず、お湯の代わりに今回は「牛乳」を鍋で沸かして「ホットミルク」を作ります。

 

お湯の目安である「310ml」と同量で構いませんが「濃い味」が好きな人は少なめに、「よりマイルドな味」が好みの人は多めに「レッドシーフードヌードル」のカップに注いで味を調整してほしい。

 

「ホットミルク」で日清「レッドシーフードヌードル」を調理する際の注意点をひとつだけ上げるとするならば、どんぶり勘定で「牛乳を沸かして」しまうと、注ぎきれなかった場合は「ホットミルク」を楽しめばいいが「少なかった場合」はレッドシーフードヌードルそのものを食べるには難しいぐらいに「カリッカリでパッサパサで生乾きの××」のようでおいしくなくなってしまう。

 

神経質にならなくても良いですが、その辺よろしく。

 

さてホットミルクをそそいで「2分(私は何度も言うようにアルデンテが好みなので短め)と少し」麺がちょうどよくなったころ合いを見計らって撹拌しましょう。

 

f:id:head19820903:20170717215012j:plain

出来上がりの日清「レッドシーフードヌードル」のイメージです。

 

お湯での調理では「赤みのかかった魚介のうまみ出まくりのスープ(それはそれ。とうぜんうまい!)」ですが、ホットミルクで調理しているので「よりミルキーな色合い」です。

 

「日清レッドシーフードヌードルのスープとホットミルクはケンカしない」ので、この色合いといい濃度感といい「食欲を相乗効果で上げていく!!

 

期待大だ。

 

カップから上気する湯気も「魚介のうま味」「唐辛子の辛味」「ミルクのコク」をミックスさせ鼻孔をすり抜けていきます。

 

まさに日清「レッドシーフードヌードル」が「この時のために生まれてきたか」と感じるほど美味い組み合わせでした。

 

さて味をもう少し詳しくみてみましょう。

 

定番のシーフードヌードルと同様に安定感のある「魚介が活きたスープ」がまず舌に触れます。

 

次いでスパイシーな辛味。これは唐辛子だけでなく「胡椒」による清涼感もありますね。爽やかにピリピリと来て、早くも汗が額を伝います。これが醍醐味です。

 

最後は今回の裏技「ホットミルク」が「魚介」「辛味」をやさしく包み込んでしまうのです。MISIAもびっくり!

 

マイルドな味わいが「辛味」を適度に中和して「うま味」の余韻をじわりじわりと残してくれるのです。

 

幸せ★

 

 

もう一度大きな声で言おう。日清「レッドシーフードヌードル」と「ホットミルク」の組み合わせは間違いがなかった!

 

スープと麺との相性、具材の食べごたえ。とくに写真のように「かにカマ」は存在感が大きく、イカはぷりぷりの歯ごたえがあり、キャベツはシャキシャキ。

 

気づいたら、、、スープも含めてどんぶりには「何も残っていなかった」んです。

いや、残っていたものはあります。

 

日清「レッドシーフードヌードル」の赤の色彩と、シーフードの残り香ですよ。

また食べたいなー。怖いなー怖いなー。

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。

本日2017年7月17日海の日に発売された日清の「レッドシーフードヌードル」についてのレビューでした。

 

「お湯で調理は当たり前」、「夏はキンキンに冷やして冷やしヌードルを堪能」ときて、思い切って「ホットミルク」と組み合わせてみたのは、良きチャレンジでした。

 

シーフードヌードルは実際に「ミルクと組み合わせたミルクシーフードヌードル」が出ているくらいに、カップヌードルシリーズの中では「ミルク」と相性の良いフレーバーです。

 

ぜひ、みなさんも今夏一度は日清「レッドシーフードヌードル」with「ホットミルク」を楽しんでください。夏だけの限定フレーバーなんです。今しかない!

 

辛さがちょっぴり苦手な方にも、ミルクを加えてマイルドにすることで日清「レッドシーフードヌードル」を夏に食べる醍醐味が伝わるでしょうし、「辛党」の方もマイルドでコクのアップするこの食べ方に魅了されリピリピ・ピリピリしてしまうことでしょう。

 

mission complete!

 

【スポンサーリンク】