STRIKE!!痛

中卒のバカでもわかるマーケティング

デジタルマーケッターを目指す「へっど」が調査・入手したマーケティング技法や 最新トレンドを発信します。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

広告

覚えとけ!あざとい「握手」入門

f:id:head19820903:20170718205619j:plain

握手してますか。

  

人の手から体温を感じていますか。

 

家を一歩出た社会で本音を伝える人がいますか。

 

同様に、あなたは誰かの「受け皿(感情の行き先)」として役割を果たせていますか。

 

 

今は物理的に身体をつなぐ行為である「握手」が最良のコミュニケーションなんて私は思っていますが、

 

「握手」にかわる「一番人がつなっげいると感じる行為」がもっともっと増えていけばいいと思う。

 

握手は「挨拶」をする上での最良のコミュニケーションであると思う。

 

「こんにちは」「さようなら」「またあおう」「お前ってすげえぇよ」「ありがとう」

「言葉のニュアンス」なんて対象となる人物寄り添う思いで七変化していきますが、いろいろな言葉が「握手」をはじめとした「身体の一部が触れ合った瞬間」に交錯する。

 

 

ところで、社会に出ると極端に「人の身体に触れる機会」を減らしませんか?

「体育」という「身体を触れて感じる授業」も学生時代にはあったかもしれませんが、社会人になると、どんどん「顔色をみてビジネスをする」よううになってませんか?

 

「身体に触れる」のは一番ハードルが高いんですよ。

 

下手すると「お前になんか触られたくない!」ってなるでしょうし、「満員電車で見ず知らずの人に、痴漢行為をされる」というのは言語道断です。

 

「身体に触れる」のは「触れ合う」お互いの信頼関係に基づき成立します。

 

「生まれたての赤ちゃん」は「触れ合うことで己の存在を知る」ので触られ放題になりますが、それは別格です。

 

自己のある存在と「触れ合う」のは、特別な行為であることを「わきまえ」なくてはなりません。

 

そのうえで。。。

 

手をつないだ瞬間に、エネルギーが通い「相手が何を言わんとしているか」かを「受け手が受け止めよう」とする。

 

「音」で伝えるには「言語の壁」や「響き・振動」による影響がある。

 

握手は身体に直接触れる。それも「適度な距離感」を感じながら出来るコミュニケーションです。

 

昨日、会社を離れる先輩と両手で「別れを惜しみ」ガッチリ握手した。

 

ただ「握手」は「挨拶のひとつの手段」と捉えると味気ない。

  

すこしだけつないだ手を「上下」に振って「力」を込めてみた。

 

こちらにも返ってくる手応えがあった。

 

 

握手は「別れ際」より「出会いがしら」のほうがもっといいな。

 

 

感情を出せるのが、「何か大事なことを失いそうにあることを実感するとき」か「酒を飲んでテンション上がり、とりあえず分かち合いたいから爆発させる」とき位になりがちなように見える(周りを見回してー))なのを抜け出したいな。

 

本音をもっと出したい。

 

mission complete!

【スポンサーリンク】