STRIKE!!痛

中卒のバカでもわかるマーケティング

デジタルマーケッターを目指す「へっど」が調査・入手したマーケティング技法や 最新トレンドを発信します。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

広告

黒歴史!?「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」破壊的カロリーの先に見えたもの。まずい。

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」が7月24日に発売される!

と、知ったのは7月23日の昼下がり。

 

おそらくあそこに行けば、今日手に入るかなと思い「イオン」でいつものお買い物

 

!!発見!!

 

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」はイオン価格で192円

 

では早速「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」をレビューしていきましょう。

 

【目次】

1.パッケージ確認。日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨは「油」「極太麺」「キムチ」と「プロレスの世界観」がコラボ?

2.中身確認。今回のご乱心「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2」は「キムチマヨネーズ」が売り!

3.味確認。黒歴史行き直行か?「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2」の味は想像を超える・・・〇〇〇だった。

4.終わりに

 

 

1.パッケージ確認。日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨは「油」「極太麺」「キムチ」と「プロレスの世界観」がコラボ?

www.headsamurai.com

6月に「日清」だけでなく「カップ麺業界のお家芸」になっている「ご乱心(スタンダードに味で勝負せず、突飛なコンセプトで話題性を取ろうとする行為)シリーズ」の「わさマヨ地獄」のレポートをしました。

 

この「わさマヨ地獄」は本当に「地獄体験」で、「ただただ涙が出てひーひー言わされ」ました。

 

むろんリピートなく、カップ麺コーナーの棚からひっそりと一個一個減っていく姿を陰から見ていました。

 

「お、減ってる、減ってる。今日も減っている。地獄に行った奴が今日もいるなぁ。ふふふふふ」と。

 

なんて、いやらしい性格。

 

さて、今回の「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」パッケージを見てみましょう。

f:id:head19820903:20170723184752j:plain

日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨの商品調理後イメージを前面に押し出しつつ「U.F.O」の四角いリングを「プロレスラー」が駆け回るようなイメージです。

 

「キムチマヨラリアット」「油ソバット」「キザミノリジャッジメン」などプロレスファンのみならず、中高生で「プロレスをちょろっとは見るよ」なんてキッズにはすぐにピンとくるキーワードがおどります。

 

f:id:head19820903:20170723185223j:plain

 

パッケージを裏返すと2人のプロレスラーの名前がありました。

 

細かいキャラクター設定は書かれていませんが、

左が☆黒光りの油術師 アブラソバ・ザ・グレート

右が☆赤いカロリー大魔神 キムチマヨジャイアント

とのことです。

 

極太麺を「油」と「キムチマヨ」で絡める「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」の世界観にピッタリでしょう。

 

2.中身確認。今回のご乱心「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2」は「キムチマヨネーズ」が売り!

パッケージ開封後、中身の確認です。

f:id:head19820903:20170723185552j:plain

「極太」の名に恥じない「極太麺」がおすすめ。

 

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」はジャンルでいうと「油そば」そこは絶対に譲れないですね。

 

麺にちょろっと隠れていますが、かやくは「キャベツ」と「きざみのり」のみ。

 

しかも「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」にはキャベツほとんど入ってない涙

 

僕としてはここすごく大事。前回の「わさマヨ」だけでなく「売りであるコンセプトのクオリティを上げるから」には犠牲にしなくてはならないところがあります。

 

それが「かやく」だったりするんですが、もうちょっと「麺」と「ソース」だけでなくトータルとして製品の底上げをするためには「かやく(食べたな。存在してるな)」と思えるレベルは維持してほしいのです。

 

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」も例外ではなかった。残念。

 

小袋は「きざみのり」と「液体ソース」そして、今回のメイン「マシ×2キムチマヨ」の3つ。

 

「マシ×2キムチマヨ」がロゴプリントの効果もあって、僕は「ムキムキマッチョ」と間違って読んでしまった。

文字の組み合わせと「イメージづけ」って本当に面白いなー。

 

この「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」を買う機会がありましたら、ぜひ、あなたの眼で事実確認をしてほしいです。。。

 

 

ともあれ、「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」の調理時間は熱湯5分であることを確認し、お湯を入れて4分(お約束のアルデンテ。湯きりしたり写真撮影したりすると。これ位短縮するとちょうどよい)で完成!!

 

3.黒歴史行き直行か?「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2」の味は想像を超える・・・〇〇〇だった。

f:id:head19820903:20170723190128j:plain

「〇〇マヨ」シリーズは元祖と言える「明星のアレ」で定着した「マヨネーズアート」が腕の見せ所なのですが、今回もとちりましたね。

 

彼女なんていませんが「好き」とか「LOVE注入(古( ゚Д゚))」とか書けばよかった。

 

「もっとかけて~」とか。「ぜんぶだしてー」とかそんな表現で放送禁止になったCMあったね。(当時)未成年の広瀬すずに言わせちゃいかん。

 

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」が目指したゴール。

「油そば」と「キムチマヨ」のフュージョンは見られるのか?

 

「油そば」のタレは「豚脂、食物油、醤油」がベース。

若干酸味がある程度で、「だし」とか「うまみ」となる特徴的なフレーバーは感じられませんでした。ここにキムチマヨが絡むんだから当然と言えばそうか。ここで癖があったらいかん。

 

「キムチマヨ」は「3倍量(当社比)」とありますが、何をもって「比較対象」を選んだのか不明です。わさマヨは「g数」から「地獄感」を出していましたが、伝わりにくいし、そんなに多いとも思えないです。

 

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」のニュースリリースを見ると

弊社「日清焼そばU.F.O. 明太子マヨ焼そば」の明太子マヨと重量対比

 「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」(7月24日発売) | 日清食品グループ

 とありました。

 

量はそうなんだろうけど、「味は既存品とそのまま」ではないですよね。

既存品は「明太子」こっちは「キムチ」です。

 

はなっから戦いにならないよ。

 

さて、「油そば」にのった「キムチマヨ」ですが、僕の舌には「合いませんでした」というのが感想です。

 

「麺」は太い「食べごたえがある」ので◎

「油たれ」は「だし」や「うまみ」がなく△

「キムチマヨ」は「油たれ」を凌駕するインパクトに欠けて「存在する意味」が感じてこず×

 

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」の総合評価は△です。

理由は「まとまり」も意外な組み合わせによる「驚き」も無かったことです。

 

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」のパッケージでコピーとしてあった「おもいのほか辛い」の「おもいのほか」を感じないキムチマヨ。無念。

 

4.終わりに

今回に限っては「うまかった!最高!また買います!定番になってほしい!」

など、(事実とは異なる)ポジティブなコメントを書くのは簡単ですが、本音を書かせていただきました。

 

日清さんにとっても僕にとっても「損得はない」だろうからです。

 

間違った認識をしてはいけないのは、日清さんの「黒歴史トリオ」や「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」など「賛否両論ありそうなビックリ商品を「世の中に」投下する。」行為は「新たなニーズや価値観の創出」につながるはずだと僕は信じています。

 

僕もどちらかと言うと、「(今の行動の延長線上において)リアクションがほしいな」の保守的なものから「リアクションを起こさせるための仕掛けへのチャレンジ(新しいことをぶつける)」を重視して日常生活も仕事もやってます。

 

アイディア出しができることは尊いです。

 

だから「日清」さんの「やり口」は大好きです。もっとやってほしいですね。

 

無駄はあっても「数うちゃ当たる」は、あながち嘘ではなくて「無駄とわかっていてもヤル」度胸と勇気をもって「行動」をしなければ結果がついてくる訳がないのです。

 

 

次回作にこうご期待!

 

mission complete!

 

 

【スポンサーリンク】