STRIKE!!痛

中卒のバカでもわかるマーケティング

デジタルマーケッターを目指す「へっど」が調査・入手したマーケティング技法や 最新トレンドを発信します。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

広告

リライト済!)「オモロク」復活だってよ。「オモロクの相田さん」以外には読ませたくない秘密のエントリー。

f:id:head19820903:20170724175309j:plain

著作者:okudaao_photo

 

「緑の文字」で書きたかったことをリライトしました。

いらない処は「打消し線」で発表当時の文字も残しています。

テーマにした「オモロクの相田さん」からコメントいただきました。

読んでいただけで嬉しかったです。

役目は果たしたので消そうかと思いましたが、僕なりの誠意として残し、リライトもさせていただきます。

 

明日、7月24日にもう一度、このエントリーの全文章を読み返して、修正を加えることをぜんてい前提として、ぶちまける。

 

なぜここがひらがななのかそれはつまりぶろがーがすぺーすきーをおさずにもじへんかんをおこなわなからだ

 なぜここが平仮名なのかそれはつまりブロガー(HEAD)がスペースキーを押さずに文字変換を行わなかったからだ。

 

明日の7月24日もう一度、このエントリーの真意を書こうと思う

 

 

言いたいことはコレだけ。

 

これは挑戦だ、¥、。明日ぼいうくがこのぶろぐを「みかえしてc」たいぷうしなおすあえでにどえでれあkだえどjのkじょだいおあっじfkだいおもえどでえくるだろあういか・

 これは挑戦だ。「明日の僕が」このブログを「読み返して」タイプしなおす前に、「どれだけの人がこのエントリーを読んで「何かを感じとって」くれるだろうか。

 

gしょいじづうああるがそうでもjないいえごbけあおkjがあしたのならばばこあじあお。

 

バーチャルリアリティーが日常になった世界。

物質の境界線なき世界。

五感を使って「あたかも身に起こったかのような」体験ができる設備が様々な分野で発表され話題になっている。

 

「この画面(スマホやPC)を通じて見えているもの」は本当に「事実」なのだろうか?あなたの目に映っているものを「本物だ」と証明できるものはありますか?

 

「現実」として伝えることは出来るかもしれないが、「事実」として認めてもらうのは難しいかもしれません。

 

個々人の中にあるもの、向こう側から歩いてくる人の中にあるもの、それぞれにあるのは「解釈」。

 

「これは現実」だとあなたが言い切った処で、相手の「解釈次第」で「虚構」にだってなりえるかもしれない。

 

「現実」と「事実」は違う。記録として残るは「事実」だ。第3者が客観的にみて「起こったことを認識する情報」です。

 

さて、この一種の「エゴ」のようなエントリーに価値がないと僕が思えば。

明日になれば存在しない 「欠番」になっていることだってあるんだ。

 

「Web」では「拡散」と言う現象で、消したくても消せないものが残り続ける。

そのリスクを意識したうえで今後もブログを続けていきたい。

 

 

この謎の言葉。文字列については明日、発表っす!

 

 

はてなブログで読者をやっていて「唯一(でもないか)」良かったなと思う出来事は、僕的に好きだったし、購読し続けたいけど休止に追い込まれた「ブログが復活した!」という情報が来たとき。

 

最近ではコレがそれ。

www.kk3marketer.com

 

相田さんは「受け手からの直接のアクション」には誠実に対応される印象を持っている。

 

でも、論破されたら怖いな。でもきっと対話すれば面白い事を言ってくれると思う。

 

だからこれまでは「敬遠」してたんです。

 

今のところ僕としてはアクションをまだとれていない。いつかきっとDMします。

 

結論:復活したらいいじゃん!どんどんやって!!

 

 

さてブロガーがブロガーのことを「貶める」行為が僕は嫌いです。

そんなエントリーを朝1に見ると「1日のモチベーションが下がる」だけです。

カードをリンクしようと思いましたが、やめました。

 

ブロガー同士が「戦う(と表現してよいものか悩みました)」意味がない。んです。

 

だから「相手にしない」のではなくて「そういう意見を受け入れよう」と割り切ったのです。

 

 

「人間はの人間としてカテゴライズされつつも、人間社会が作った社会で個人を尊重されて」います。

 

「人間」として一つのくくり、ですが他の生命体と同様に「社会」があって「個性」が尊重されています。

 

だから、自分の価値観があって、「自分はそれは、違うと思う」と言及するのは勝手です。

 

でも「固有名詞やエントリーをリンクして晒し者にした上で、そのエントリーを書いたブロガーの存在や価値観についてボロッカスに言うエントリーを書いたもの」では読んでいて「いたたまれ」ません。

 

僕のこういう書き方は「読者不在」とか「論じていることに根拠がない」とか言われるでしょう。

 

でも、僕自身はそんな言葉に対しては「ばっかじゃないの?(惣流・アスカ・ラングレー)」って思うよ。

「あんたバカァ~!?」 - YouTube

 

「根拠」がなければ「自分が言いたいことを書いちゃいけないの?」と。

 

ブログを書く目的の一つとして「たくさんの人の目に触れてもらいたい」と言う動機があります。

 

では実現のために「どんな手段を取るか」になるのですが、有名どころは「炎上商法」なんてキーワードがあり、「意図的に世間に注目させ知名度を上げる」ことに勤しんでいる方もいるでしょう。

 

ただ、炎上できるブログエントリーひとつ作って、それが「収益」に直結することなんて、そうそうないですよ。

 

勘違いや思い違いはあっても、嘘は言っちゃいけない。

 

「ガンが治る方法はコレしかなかった!」」と書けば嘘でしょう。

でも「人生を豊かにする方法」であれば、難病を解決することは難しくても「豊かな人生とはなにか」と考えさせられるし、今と言う瞬間の大切さを実感します。

それが「ガンが治る・・・」と言い切ってしまえば、絶対的に「治す」ことをもくてきとして情報がほしかった人にはシビアに映ります。

 

「嘘つきメディア」の出来上がりになる。

 

WEBは「クリックしてランニングページに移って、PVにカウントされてなんぼ、さらにはADクリックされて収益になってなんぼ」みたいだからおかしい。

 

そこを指摘されることはあるんでしょうね。

 

ブログは「WEB(インターネット上の)」+「LOG(記録)」です。

 

確かに、「ビジネスになる」とか「一儲けしよう」としたが故に「あざとい」ものが氾濫している。

 

競争率が高いし、生存率も低いといいます。

 

そこは、問題視すべきです。

 

でも矛先を「(例えばあなたが)問題視したブログサイト」に直接向けていくことが、「社会全体のブログ」の在り方としてよいのかどうかは、僕としては「良い」とは思えない。

 

さらに言うと「はてなブログ」の「読者登録機能」のことが。だいっ嫌いです。

 

「はてなスター」と言う、「はてな」に登録しているユーザー間でしか通用しない「温もり(本音はどうでもいいよねーそんな記事。俺には関係ねーしー。でも、読者登録してるつながりが最低限あるシー。操作時間がバカみたいにかかるわけでもないしー。とりあえず、押しとく?はてなスター。押し返してくれるかもねー。がはははは。甘噛みアクション)」以上の恩恵があると都市伝説化して「押し合っている」んだろうと見え見えのものがあるからです。

 

「はてなブログ」で公開する目的が「はてなブログ」で「ブログを書くことのステータス」を「はてなブログブランド」に感じていて、「はてなブログ」で「ブログ公開」していることに「自信を持てる」なら止めはしない。

 

でも、「ブログ(WEB上に日記のような手軽さ)」を求めたのであれば、「ブロガー自身」に重きを置こうが、アフィリエイトやアドセンスがんがんで「収益」目的でやろうが、「好きにやってくれよ」って僕は考える。

 

そして、そんな「あざといブロガー」が出現しても直接「攻撃したり」はしない。

 

注意喚起や風土改善はしたいと思うけど、「個人を特定」して、「責め立てて」、さらには「攻撃相手の行動を予測まで」して、その後の扱い方を宣言するようなアホはいらない。

 

上記のような、思い当たるような方からはアクションないでしょう。それだけ僕のブログは弱小だ。印象よくなく、噛みたいところもない。

 

 

はてなブログの「おすすめ記事」には乗らないし、本当の賛同者が生まれて「がんばれよ!応援している!」って人がいないのだから、本気で書いたエントリーにたいして「はてなブックマーク」は押してもらえない。

 

 

「はてなブログ」は商品。

 

「ブロガーそのもの」も商品。

 

「どんなに有利な情報を得れたか」よりも「誰からその情報をもらえたか」が優先されるも重要となってくるのでしょうね。

 

 

最後に一つ問題を提起しよう。

 

あなたは

 

「10年若返ったかのような容姿を手に入れる手段があります」と、

「10年長生きできる方法を続けてみませんか?」

 

どちらに対して「そそられる」でしょう?

 

 

1000人中、たった1人でも構わない。

 

 0.1%の人が価値を感じてくれればそれでいい。

ブログ再開のお知らせ - オモロク

 

「相田さんに向けて」僕は、そのうちの一人であることを、僕のブログ内で宣言します。 

 

 

と、言いつつも裏腹に「そう言った戦闘中のブログを読む」自分が恥ずかしい。

 

興味があるのは「泥仕合」を見るいやらしい性格かもと自分を疑います。

 

が、ブログでやる(やりたい事情)が御有りのようなので、読みます。

 

「攻撃側(これも表現が悪いですね。)」は「自分と同等もしくは以上の存在」と認めて論じていますからね。

 

「バカ」って罵倒したいだけなら、コメントやDMで十分ですし。

 

自身のブログでエントリーを一つ用意してしまうくらいですから。

 

「リスペクト」と受け取ってもいいのではないでしょうか。 

 

mission complete!

【スポンサーリンク】