STRIKE!!痛

中卒のバカでもわかるマーケティング

デジタルマーケッターを目指す「へっど」が調査・入手したマーケティング技法や 最新トレンドを発信します。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

広告

リライト!広告の「クリック誘導」には応じてはいけない!ブログの収益化で幸せになるのは「ブロガー(書いている人)」だけだぜ。

まずは反省しかない。

 

喧嘩として買われてしまった。。。。そりゃそうだ。僕の文章は罵詈雑言だらけ。

読むに堪えない。

 

www.marcheworld.com

 

頭に血が上り、書きなぐってしまったせいで「勘違い」どころか「文面そのまま」に僕の思いを受け止められてしまったので、2晩寝かせて「本音として言いたかったこと」を整理してリライトします。

 

誤解を解くための「リライト」ではなくて、もう一度、「本当は書きたかったこと」を残す行為です。

 

2度にわたり、ネタとしてしまった「マルシェランドさん(マルシェランド)」さんに敬意を込めて。

 

繰り返しとなりますが話の「祖語」と言うより、「顔を合わせる」「声を通じて温かさを感じる」表現の仕方を一切せず、自身のブログ内でエントリーとして残したことは、お詫びさせていただきます。

 

リライトですが、今一度読んで頂きたいのは。。。。

リライトの場所をわかりやすく「オレンジで色」にしています。

感情任せや、「本音と関係ない罵詈雑言」としか取れない個所は責任上「打消し線」を施しながらも、そのまま残しています。無視してもらってもいいです。

 

昔から「ひねくれもの」のせいで。好印象を持たれたことがない(笑)

 

とは言え、どのように捉えられたとしても言っておきたいことがあります。

 

バカはバカでも、(ユーザーからして)意味のないものを、垂れ流すのは「いかがなものか」って。

他者から見て「正直になること」は時に滑稽に映ります。

「馬鹿真面目」の「馬鹿」の露出が高すぎると「真面目」な部分が薄れてしまう。 

 

言いたいけど、言えないなら変だ。

言いたいこと、やりたいことは発信するべきだ。おかしなことはない。 

 

って言うか、「馬鹿なことしてんじゃねぇよ」と気づいた時点で、彼らに「本音を言って」やれよ。「ブロガー仲間」のつながりが生ぬるいのは「本音」を言えない関係で甘んじることを望んでいるからじゃないの?

 

価値観はひとそれぞ違う中で、「やっていいこと・やってはいけないこと」は、各自に委ねられているし、受け手の許容範囲なら「流して」しまうこともあるでしょう。

しかしながら、ルールとか規範とか設けられている場所がある。

ブロガーなら、収益化の為に挑戦したいと思う「アフィリエイト」や「アドセンス」。

 

何もかも最初から上手くいくことなんてない。

だから、みんな努力している。

みんなが頑張っている。

本気。

 

「仲良しの輪を広げること」これは大事。

でも、「本音で語れない関係性」が氾濫しているように思えるよ。

そこに、僕は今日、石(意思)を投げたくなった。

 

 

「言いたいこと、あるなら言えよ」。僕は大人ぶった姿でリアル社会で笑顔を見せるけど、暴走する。

 

時折見せる僕のスナイパーのような視線(意見や言葉)は怖がられる。

 

でも、生きていくからには怖がっていられない。

 

僕が僕で無くなる可能性があるからです。

 

【目次】

0.よく分からない「ブログ飯バトル」(天下一(下の)武闘会)が開かれているぜオイ!

1.もう終わりにしよう。

 

0.よく分からない「ブログ飯バトル」(天下一(下の)武闘会)が開かれているぜオイ!

 はてなブログのリンクを行き来していたら巡り合えた「奇跡のブログ」がありました。

 

面白いことやってるなぁ。それが第一印象。

maedakabujuku.hatenablog.com

 

「ブログで収益を上げよう!」そんなスケベ心が僕にもありました。

 

あったどころか「ありあり」と言っても過言じゃない。

 

 

出会いは唐突。

 

関連性のある(と、言うかエントリー内で外部リンクがあったので)

さらにいつも読んでいるブログを行き来していると・・・

 

マルシェランドさんに、行きついた。

※実はマルシェランドさんは僕と同じ時期にブログをはじめていらっしゃることに、今となって気づく。

www.marcheworld.com

 

 

なんだかブログ開設の時に言っていた本来のブログ運営目的とは離れ離れて、「収益方向に行ってない?」と思っていた矢先に妙なエントリーがありました。

これは僕の勘違いかも知れませんが、「マルシェランド」さんの前身「クロノスの時をかける~」は何度か足を運んだ記憶があります。 ※アイコンでの思い返しです。それでも違ったらごめんなさい。

 

印象は「ポジティブさ」の中に「相当の経験(しかも、それは紆余曲折、山あり谷あり

」をしてきたからこそ感じられるエネルギーがあったのです。

 

ところが。。。。

www.marcheworld.com

 

客観的に読めば「プロブロガーを目指すもの(無職)」が、リアルでの成功者を相手に闘いを挑む!かのように捉えてしまうかもしれますが、内容が残念。

 

残念と思えてしまうのは、受け手の僕の責任かも知れません。

「ブログで書くこと」は「読者が読後に拳を握れるような力」を与えるようなものであることが望ましい。と、僕が勝手に思ってしまっているからでしょう。

 

もう一つ、残念なことは「根拠はないかもしれない」でも、「スーッと入ってくる前向きな言葉」で埋め尽くされていた「クロノス(現マルシェさん)」さんのブログサイトらしからぬ抗争が「収益競争(無職 VS エリート 負けられない闘い!! - マルシェランド)」として行われているのか!と言う事。

 

※あらためて読んでみると、なぜ僕がそこまで深刻に見えてしまうほどに見えたかはわかりませんが大きな溝を感じてしまったのです。

 

 

僕はブログに収益化を求めていないので(は嘘ですね。プロを目指しているなどの発言をしていないだけ。いつかはきっと。って思いはあります。)、うまく言えませんが・・・。

 

マルシェランドさんは「無職」であることを一種の売りにしていて、ブログ運営の収益化の過程に留まらず見るものがポジティブになるようなエントリーを書いていますが、このエントリー(無職VSエリート)は「もったいない」と本当に思うのです。

無職とかエリートとか、関係ないじゃないですか。ブログ界では。

「読者」に受け入れられたら勝ち(価値がある)

もしかしたら、マルシェランドさんは「それ」を言いたかったのかもしれません。

 

深読みしなければ「応援しよう!」と思うかも知れませんが、

読み深めていくと感情は汚れてきて(ぶれる、錯綜する)、「恵み」とか「寄付」とか、表現が難しいが、、、そういった類の感情、つまり「不快」になる。

 

僕が「無職 VS エリート 負けられない闘い!! - マルシェランド」で不快になったのは事実ですが、価値観の違いと受け止められます。

このエントリーに「希望」を見出す人もいるでしょうし、なによりこの戦いにエントリーされている方は「本気」ですもんね。 

 

 

このエントリーの感想を僕の言葉で、僕の心の内にあることを書きましょう。

 

「エリートってムカつくよな。ただでさえ稼いでるのに。何を今さらブログで稼ごうとしてやがるんだよ!」※ここまでは賛同!!賛同!

 

と言うのと。

 

「僕は月間でブログで2万円しか稼げていません。リアルでは組織に属するのが嫌だったので無職です。稼ぐ力がほかにはありません。恵んでブヒブヒ」※え?Σ(゚Д゚)

 

で、しかない。(厳しく言いすぎました。)

 

強者(社会的になるべきしてなった勝ち目のないモノ)への対抗意識はあるのだけれど、対向の仕方が「卑しい」んです。

 

だから頭にきた。

 

マルシェさんのプロフィールを読み込んでいくと、「僕に似て」でも「僕とは違う」人生を立派に送られてきていることがわかります。

 

それをすっ飛ばしてはいけませんでした。

 

 

 

1.もう終わりにしよう。

 

「2万円しか稼げていない」これは伸びしろの表現でしょうし、まだ夢半ばであり、まだ「やりたいことがある」こと意味している。

 

のでしょうし、僕は「組織に属するもの」なので、「組織を嫌い逃げたいとまで思う人(マルシェさんのことではないです。マルシェさんは自ら組織を離脱されたのですから)」には「組織の属し方ひとつで生きやすくも生きづらくもなること」を僕は説けます。

 

「組織」に属するかどうかが「幸せの価値を左右させる決断の一つとなる」とか、「組織に属さない方が幸せだ」と言うコメントは、組織を動かすことに「喜びも怒りも悲しみも楽しみも見出せる可能性がある。」と信じてやまない僕には刺激的過ぎました。

 

だからって犬猿してはいられないので、機会を見つけて「組織」について語る機会が来ればと願っています。

 

僕は、あなたの真の経験(ブログでは語り切れないこと)と意見を聞きたい。

なんか、憤りしか感じなくなってしまった。

 

アフィリエイトでもアソシエイトでもアドセンスでもなんでもいいんだけど。

 

お金に卑しくなると、最終的に行う行為っていうのは「神の御恵みを(僕は私はこんなに不幸せです。あんたは僕や私より幸せです。よね。恵んでください。僕や私は不慮の事故や出生の理由で蔑まれています。あなたより可哀そうである僕や私に恵んでください)」です。

 

長たらしく書きましたが、「完全ではない、ギャップのある自分」を「一種の売り」にして金銭を稼ごうとする行為が気に食わないってこと。

 

僕は中学校卒業(新潟県の柏崎市の鏡ケ沖中学校が最終学歴)であることは何度か述べている。

 

その後、高校も2回留年して卒業が出来なかったから、独学で「高校卒業認定」の試験を受けて卒業して、現在の仕事について13年を正社員として働き、「額に汗して過ごしてきた」。

 

だから、「たかだか現在無職」とか「組織が嫌いな性格で」を売りにして、共感を得ようとする「(僕からしてみれば)安っぽいブログ」は嫌い。

 

 

マルシェランドさんは、そうでないと信じていたのにな。

 

なんか残念。

 

根拠はないけどポジティブな「俺様感」が好印象だっただけに、

「収益に執着する小物」に見える。

 

だって。

 

ただ一つだけ、アソシエイト上で気を付けていただいた方がいいことがあるので言及します。

 

マルシェを応援したい方へ

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%が俺のポイントになるので、
何か買うついでにぜひ! Amazonで買い物をする儲かったお金は無職の俺の生活費にあてます笑

 

さんざんの誤解もなにもかも生んだ今、表現に乏しくなってしまいますが、ビジネスとしてアドセンスやアフィリエイトは、なんの問題もないです。

 

ところが問題は、「ECサイトでで買いたいものがあったときに、このリンクからこのECサイトに行って貰えると、紹介料として手数料が入ります。リンクをクリックしてください」と、サイト上で書いてしまっていること。

 

「マルシェさーん。規約や、禁止事項のまとめサイトを見て下さい!もしかしたらアウトです。」これが言いたかった。

 

周りがやっていないことを正気と考え行動した時、成功できるか否かは、「自分にはやりたいけど、やってくれる人」と認められるかどうか。

目立つことを目的とした人は残念ながら、「電波系」と言われ迫害される。

根底の卑しさが見えれば応援ではなく、哀れみによる寄付は集まるでしょうね。

 

 と書かれてしまうと、

 

もう、何も言えないですよ。

 

「現状月収2万円を年末までに20万円に!」と言う言葉は刺激的で、事実であり成功した暁には「誰もがほしがるノウハウ」が築けることと思います。

 

インパクトがあるし、簡単に出来ることなら真似したい。

その足元や背景で「何十倍の努力が実はあった」としてもです。

 

「甘い言葉」に乗りたくなるのがどうしても生物上あって、「乗っかる」行為(他力本願に近い)を「信じる(自力での精進)」と勘違いする人が沢山いるのだと思う。

 

僕のこのエントリーが存在した意義は「アンチや攻撃の対象として選んだ」訳ではなくて、「チャレンジをすること」には賛同できるけれど、ECサイトの「規約ルール・禁止事項に抵触すること」は回避してほしいというメッセージです。

 

mission non comlete!?

【スポンサーリンク】