STRIKE!!痛

中卒のバカでもわかるマーケティング

デジタルマーケッターを目指す「へっど」が調査・入手したマーケティング技法や 最新トレンドを発信します。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

広告

山梨の「からっとした気候」の中で3ヵ月何を思って生きたか。

あけましておめでとうございます。

 

随分と期間が空きました。

 

生きています。HEADです。

 

あまりにも現実が濃厚すぎて「時の過ぎるのはあっと言う間」でした。

 

今日は備忘録にしては「期間のながーい」2017年の10月中旬~2018年1月30日までの「おさらい」です。

 

多分、この「おさらい」をもとに明日からブログを書いていくのだと思います。

 

理由は随分と大きな実体験をこの3ヵ月間で得たこと。

それは大きな収穫もあれば、「大きな損失」もあるのです。

 

このエントリーですべては書ききれません。

ですから、箇条書きで書きつつ、次にエントリーを日々積み上げてリンクなどを張り保管していこうと考えています。

 

「語りたい話」と「伝えたい想い」が溢れ、それを表現する「言葉」がいくつも具体化したからです。

 

「うすっぺらい話」は何一つないでしょう。

 

まぁ、気張ってしまうと僕としては反動が大きいと思うので言葉足らずなこともあるかもしれませんが、まずは今後記したい事々を時節(月度)で整理します。

 

【2017年10月】

・僕が働くお店の「改装オープン」が本格化した。

・圧倒的な物量と人の出入りに収拾がつかなくなる。

・2017年11月上旬のリニューアルオープンまでの30日間で休みが2日しかない。

・組合活動を通じて100名を超える仲間を巻き込みイベントを起こした。

・「他部署への応援」を苦手とする部下の心を動かし、「全員が他部署へ応援に入る」と言う結果を残す

・本業の棚卸で四苦八苦

 

【2017年11月】

・もう無理ですお店の後方施設はスラム街のよう。

・ミッションだった自店のリニューアルオープン日を迎える

・新しくなった「館」の素晴らしさに感動

・久しぶりに髪の毛を切りに行く。専属のスタイリストさんとの出会い。

・休みがない。いや、ある。でも「なぜか組合活動に精を出す自分」がいた

・再棚卸で、またしても四苦八苦。

・親友が重病に。その兆候を察知していたが、今思えば何もできない自分。

・ビジネススクールの課程修了と最終プレゼンに臨む、、、結果は?

・こんなに忙しいと、ヒトはなにをするか?

 

【2017年12月】

・リニューアルオープンし売上は伸びるが犠牲にしていたもの

・従業員のみんなを温める「豚汁会」の開催

・真冬の甲府で行った再棚卸は本当に地獄かもー。

・親友の入院。その時何が出来るか?

・500名の従業員に「年越しそば」を振舞ってもらうべく、会社と労使交渉(大げさな~)

 

【2018年1月】

・新春初売りパニック

・うちのサービスエリア(道の駅?)のレジ応援でパニック

・行ってきましたニューヨークそのいきさつと研修視察を終えて

・親友の手術。その時何が出来るか?

・従業員のみんなを温める「新年会」での「ぜんざい振舞い」

・デジタルもシステムもそれほど濃厚でない「新しい決済の仕組み」を従業員に説明し教育しろ!と丸投げされて、当日から時間割を組み実施する(しかも、それなりに出来ているかも?)な自分をほめたい今日(1月30日現在)

 

まだまだ、アクションを起こしてきたことはありますので、追加されることでしょう。

 

そろそろ1300文字到達間近なので、終えようと思いますが、最後に一つだけ。

 

「最前線にいよう」「中心に居よう」と言う「自分が主役(当事者であり、結果に影響を与える人間であるという誇りや自身や勇気や衝動など)の想い」に勝るエネルギーはない。

 

自分には関係ない、誰かがやってくれる、自分の仕事ではない、なんとなく受け流そう

 

そんな瞬間は「僕にだって」ある。

 

でも、あなたが「ピンチはチャンスと手を上げる(巻き込まれ、いつか台風の目になろうと前進する)」ことが出来ず躊躇しているのであれば、そんな瞬間をどうか振り切って欲しい。

 

業務命令の遂行は「達成したとしても8割の成果としてしか」見てもらえないはずだ。

100%の2割、さらなる高みに向かうには「自分の成し遂げたい結果」を加算することだ。

 

「自分の成し遂げたい結果の加算」それがわからないウチは君は2流。

 

完ぺきではないけど「結果を描き計画を企てる」本質がわかってきた。

 

その意気込みで明日からも僕は生きる。

 

「お人よし」や「きれいごと」を捨てて「ずるくなろう」その気持ちを持てるようになってすっきりしたんです。

 

あ、僕は悪党ではないですが「いい人」すぎたんだと思います。

どちらかと言うと「いい人だね」と純真無垢でいようとしたんだと思うんです。

 

そんなブランディングがむしろ「こずるい」感じになっていなかっただろうか。

 

2018年は今以上に「裸(露出はしないよ!)」になりガードを弱く、周りから打たれよう。

 

完璧主義は、もう御免だ。

【スポンサーリンク】