STRIKE!!痛

最狂の〇〇物語

不思議な相棒と過ごす「笑いあり・涙ありの平凡な日常」。赤裸々につづります。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

【スポンサーリンク】
広告

「組織と自律」~ある日のFacebookより

「組織の動き」に興味と関心があります。

 

しばらく考えているテーマです。

 

「ノリ」「共感」「模倣」「憧憬」さまざまなもので「ひと」は動く。

 

政治と選挙は別物。

 

「自分の願いを代行して」もらうために「選挙で代表を選ぶ」のが本来の姿だと、ぼくは思います。

 

しかしながら上記の「ひと」の動き方によって、「自身の願い」とかけ離れた現実があります。

 

なにも、信仰宗教や特別な政党に傾倒している訳では無くて、「やれること」は自分の力でやり遂げたい。し、それが出来ないことは信頼できる「ひと」に託すのも「選択のひとつ」としてあることは、念頭において歩んでいきたい。

 

自律あっての他律。

 

自分は何もせずに人まかせでは「無責任」だし。

 

そんな人たちに担ぎ上げられた人も「無責任」な振る舞いをするはずではないかと、思うのです。

 

 

(間)

 

 

あー深すぎる話。

 

ぼくは、「薄明かりの月に照らされた、濁った湖のような人」だと形容されたことがあり。

 

正直、それは当たっていると思います。

 

人生をこれまで「考えてきたぶん」だけ深いのかなと。

 

さらに最近は「少しずつ底が見えるくらいに澄んできた」とも形容されています。

 

そんな形容をするのはもちろん彼女です。

(上記の形容は一語一句同じ表現ではありませんが、ニュアンスとして、ぼくは受け止めています。)

 

 

(間)

 

 

ぼくは、想いを砕かれることに臆病で、それでいて強がり、時に怒りを露わにすることもある。

昨日、今日の出来事は怒りを通り越して「哀しみ」だった。

 

やっぱり、伝わらないひとには伝わらない。

 

これも現実。

 

負けずに頑張ろうと思います。

 

 

(間)

f:id:head19820903:20180330182654j:plain

 f:id:head19820903:20180330182700j:plain

さて、気分を入れ替えて、今日のご飯は「鯖の味噌煮」と「筑前煮」です。

 

ご飯がすすむ「田舎ながらw」の濃い味付け。

 

素材の味をいかした、和食の「わびさび」をマスターできるように精進していこう。

 

ごまかしきかない料理ですが、とっておきの隠し味を入れときました。

 

 

(間)

 

 

「愛情」です( ∗︎°⌓︎°∗︎ )♡︎

【スポンサーリンク】
広告