STRIKE!!痛

最狂の〇〇物語

不思議な相棒と過ごす「笑いあり・涙ありの平凡な日常」。赤裸々につづります。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

【スポンサーリンク】
広告

第4話~半同棲のスタート

出会って2年。

 

付き合って1か月と半分ですが、少しずつ「いつの間に?」が増えています。

 

ぼくは日中がメインの仕事。彼女は夕刻がメインの仕事で(と、言っても同じ職場です)、仕事終わり時間はずれにずれている。

 

最初は仕事終わりに、すこし「ぼくの家」に寄って、ぼくが作った「晩御飯」を食べて実家に帰って行きましたが、いつの間にか「お米のご飯を食べてから帰る!!」と宣言をしてからは「毎晩・毎朝(食う・寝る)」の時間だけは一緒の生活がはじまりました。

 

生活の時間軸が二人でいる時間を共有できることは「ほんとうは特別な事」と毎日、彼女が教えてくれます。

 

※今日はリモコンの下に「かくれんぼ」してました。

f:id:head19820903:20180408202205j:plain

【スポンサーリンク】
広告