STRIKE!!痛

最狂の〇〇物語

不思議な相棒と過ごす「笑いあり・涙ありの平凡な日常」。赤裸々につづります。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

【スポンサーリンク】
広告

見栄えが問題ではないんです。

「中辛の塩鮭」「夏野菜のツナ炒め」「肉じゃが」の3つをおかずに晩ゴハン。

 

懐かしいこと。を「ほんのわずか」でしたが話しながら。

 

「知りたくないこと」と「知らなければよかった」と思うことは、ときに隣り合わせかもしれませんが、そんな心がモヤモヤしてしまうことは「ほんのちょっと」で、楽しい時間でした。

 

早めの晩御飯で、のんびりしようと思っていても、気づけば「おやすみ」をする時間は、いつもといっしょだったかな*1

 

君といっしょだと、じかんの経つのが

あっ!(๑°ㅁ°๑)っと言うま。

 

 

(間)

 

 

中辛の塩鮭の写真はフォーカスがうまくいってないし、塩鮭も一切れを半分にしようとしたら、身が上手くわけられなかったりと、今日はちょっと失敗。

 

見栄えは置いておいて、一切れをそのまんま焼いて、2人でつつけば良かったかな( '༥' )ŧ‹”ŧ‹”

 

 

(間)

 

 

同じものを、おんなじ時間に、食べる。

 

おいしそうに、ごはんを沢山食べてくれる君が、大好き(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷ ⌑ ᵒ̴̶̷⸝⸝⸝)だ。

 

大事なのは「そこ」なんだ。

 

「君のことが大好き」なことを飾らないし、隠さない、ぼくの気持ち。

 

f:id:head19820903:20180420160759j:plain

 

f:id:head19820903:20180420160809j:plain

 

f:id:head19820903:20180420160817j:plain

*1:*´ω`*

【スポンサーリンク】
広告