STRIKE!!痛

最狂の〇〇物語

不思議な相棒と過ごす「笑いあり・涙ありの平凡な日常」。赤裸々につづります。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

【スポンサーリンク】
広告

ゲーマーズワークショップの「ウォーハンマー40k」のミニュチュアキットに挑戦だ!

イギリス発の「ボードゲーム」の1つ、ゲームズワークショップの「ウォーハンマー」のミニュチアキットで遊んでみました(*´꒳`*)

 

今日はおやすみ。

 

ゲームはルールが難しそうなので、ミニュチア作りに没頭。

 

初挑戦ながら、「なかなかの出来」じゃないですか!?

 

と、自画自賛できるくらい「キット」と「塗料」が素晴らしい。

 

正味2時間くらいで完成。

 

①まずは組み立てたフィギュアにサーフェイサーをふきかけます。

 シタデルカラーは水性。筆塗ですが、定着力を上げるためです。

 下地が黒で大丈夫!?とちょっと心配。

f:id:head19820903:20180429114832j:plain

 

②ベースの青を塗ります。シタデルカラーは隠ぺい力が強く塗りやすくて乾きも早い。さくさくと塗っていきます。

f:id:head19820903:20180429114836j:plain

 

③フィギュアのアクセントであるアーマーや武器など細かいところを塗っていきます。キットについていた筆は細く、発色もいいので初心者もそれっぽくなりますね。

f:id:head19820903:20180429114845j:plain

 

f:id:head19820903:20180429114852j:plain

 

f:id:head19820903:20180429114905j:plain

 

④ドライブラシやシェイドで汚しやディティールに深みを出して完成!!

f:id:head19820903:20180429114916j:plain

 

今日作った「ウォーハンマー」のキットはこんな内容。

キットにはシタデルカラーが6色入っており、パーツを切り離すニッパーさえあればすぐに「ウルトラマリーンインターセッサー」が作れます。

 

一緒に購入したエッセンシャルセットからチョイスした色でアレンジを加えただけです。

f:id:head19820903:20180429115025j:plain

f:id:head19820903:20180429115039j:plain

接着剤不要。水性塗料。

 

しかしながら、細部までしっかりと彫り込まれたフィギュア。

 

日本のプラモデルではなかなかない。かな。

 

ただ、、今日作ったキットには組み立て説明書なし(*´Д`*)

パッケージの見よう見まねでしたが、なんとかなりましたー。

 

【スポンサーリンク】
広告