STRIKE!!痛

最狂の〇〇物語

大好きな相棒と過ごす「笑いあり・涙ありの平凡な日常」。赤裸々につづります。時々くじけることもあるけど泣かないもん。

【スポンサーリンク】
広告

メッキ加工されたものも、色を失えばモノクロ

f:id:head19820903:20180629130037j:plain

最近は毎日食べている「晩御飯」の写真だけになっていたので、久しぶりに文章を書くことにしました。

ながーーーーーーーーー×10桁くらいになるので、興味のある方のみ「もっと見る」を押して読んでください。

(間)

「自助」の話

「自助」が出来る人とは
Googleを検索すると出てくる言葉をコピペでなく、僕の解釈で表すと「自分が自分らしく生きることの出来る人(集団)」です。

「自助」と言っても「自分本位」ではなく、周囲との調和が出来る人。

「他人の力を借りてはいけない」ことではなく、むしろ、「他人の力を借りて(時に貸し・調和して)、自分の実現したいことや守るべきことを成すことの出来る人」だと。

ただ「実現したいこと(その根っこにあるのは「困りごと」)があっても、「叶える方法」を知っている「人」を知らなければなりません。

みなさんがそんな境遇に陥った時「叶える方法を知っている人はどこにいますかーーー!!」叫び声をあげられたら。。。

「はい。ここにいますよ。」

と、言えるそんな人になりたいです。

(間)

過去のことから、「イマ」があるのは間違いありません。

「人間の成長」は「他人から受けた刺激」により成されます。

「一度『ノー』と言われた、二度と言えなくなる」

自然で、当たり前のことなんだと思います。

僕も30歳くらいまでは、そうだった。

考えを変えた一瞬があった。

「この場にふさわしくない話題であった」と判断のは、他人でもない。上司でもない。先生でもない。政治家でもない。

店舗運営においては「お客さま」。

ひと、もの、かね。

投資がどこに変えるのか、瞬間的な判断を求められるけど、自身の役割でできることを意識して「はたらき(かけ)たい」と、思った時。

変わることができた気がする。

(間)

みなさんは変えられないことは「沢山ある」。でも変えられないことを、いつまでもいつまでも嘆いていられますか

例えば「過去」や「他人」は変えることは出来ませんが、

「未来」や「自分」はいますぐでも変えられるはずです。

でも「未来」や「自分」ですら「変える」と言うと「さも難しい事」のように聞こえてしまうかもしれませんが、単純な事。

今頭に浮かんでいる2択「これをやる・やらない」で自分にいずれ返ってくることは変わってきます。

定食屋で「スペシャルランチ」にするか、「日替わり定食」にするか。だってそう。

少なくとも、お給料日前の「生活費(未来)」や「体系(自分)」に影響するはずです。

(間)

「自助」と言うと、やっぱり「自分の力(のみ)で問題を解決しろということか」と、怒り・悲しみ・そして「やっぱり出来そうにない」と諦めてしまう方もいると思います

よかれと思って今日書きましたが、僕以外は同じ人間ではないので「同じようには伝わらない」のが事実です。

「他人」は変えられないのだから。

(間)

僕は「想いにあふれて、常に熱っぽい人」と自負していますが、伝わらないことに悲しむことはありません。

逆に、話を聴かせてくれる人の熱の伝導率が非常に高いので「胸が痛い」ことがたっくさんあります。

話の語尾に「諦め」が含まれると、なにも出来ない自分を責めたくなるのです。実は。

何かしてあげたい。けど、出来ない。もどかしさ。

だからその場しのぎで「気の利いたセリフを口にする」ではなくて、「見えないところで、なにかをしてあげたい」ことを本音に生きています。

別に「感謝」や「おほめの言葉」をいただきたい訳ではなく、普段の僕の言動により「共感」がうまれ、「自助(自分と他者との調和での困りごと解決)」を意識した(無意識には、きっと出来ないだろう)行動ができるようになって欲しいと願っています(身を振り返ると、おこがましいかな。)。

(間)

さて、ここまで読んでいただいた方に「おすすめしたい」のは「明日からの自分の行動(特に2択を迫られた時には)と違うことをしてみる」ことです。

そこの君!「缶コーヒーは『微糖』じゃなくて、『無糖』にしなさい(( ´艸`))

なんてね。自分に言い聞かせるんです。

(間)

写真はフィギュアスペースに並んだ「ヒーロー」たち。

背負うものは違えど、「周囲と調和し、巻き込みながら成長し、目的を果たした者たち」です。

来週に控えた、お店の労使企画。

吉と出るか!?凶と出るか?
やるのは「おみくじ」じゃなく、「サイコロ振り」です(( ´∀` ))

(間)

次にこれだけ長い文章を書くのはいつかわかりません。

今夜はこれ以上の口をつつしみたいと思います。

でも、Facebookだからいいか。

「多分、9月で組合活動の『足を洗うと思います』」

それだけ本気の今日・明日・明後日。

組織から委任されることだけではなく、「自分自身のやりたいこと」もセットで残り3ヵ月をやりきる覚悟でいます

「自分に対する『期待値の低い』案件」ほど燃えてくるのが。僕。

「期待を感動に高めるための仕掛けづくり」にワクワク・ドキドキするからです。

最初から「メッキ加工」はされていない「自身の想い」を「ピカピカに磨き続けていく」よ。

ここだけは、折れないし・曲がらない。

【スポンサーリンク】
広告